レビトラの成分を知りましょう

レビトラにはどのような成分が含まれているのか知っていますか。
レビトラに含まれている主成分としては、塩酸バルデナフィルです。
レビトラを購入する時に10mgや20mgとなっているのがわかるのですが、その数値は主成分である塩酸バルデナフィルが含まれている量の事です。
塩酸バルデナフィルの化学構造はバイアグラの主成分であるシルデナフィルと似ているため、効果もバイアグラと似ています。
ですが、バイアグラよりも少ない量である10mgか20mgの物が販売されています。
レビトラを服用する時は、必ず初めに10mgから始めなければならないのですが、もし10mgで十分な効果が発揮されなかった場合には20mgを服用してみてください。
初めて服用する時に20mgを服用してしまうと、強すぎてしまい、重い副作用が出てしまう可能性がありますので、絶対に服用しないでください。
塩酸バルデナフィルの主な効果としては、勃起を阻害している酵素を抑え込むことと陰茎に血流が多く流れてくるようにする事です。
そうすることで勃起しやすい状況を作り出し、効果のある時だけEDを解消できるのです。
バイアグラ、レビトラ、シアリスは現在3大ED治療薬として知られており、多くの人に愛用されています。
どちらも使い方や効果の現れ方などが違っているため、自分の状況に合わせてどのED治療薬を使うのかを選択できます。
また、どのED治療薬も効果自体が似ているため、副作用も似ており、頭痛、ほてりなどが現れる可能性があります。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/shop/