レビトラを服用する際の注意点

レビトラを服用する際には、服用方法をよく知ってから利用してください。
服用方法を間違えてしまうと、レビトラの本来の効果が得られないこともありますし、場合によっては重篤な副作用を起こしてしまう可能性もあります。
例えば、食後すぐに服用する事です。
食後すぐに服用してしまうと、胃の中でレビトラと混ざってしまい効果が弱くなってしまう可能性があります。
レビトラは一般的に食事の影響を受けにくいとされているのですが、それでも効果が弱くなることも考えられますので、できるだけ食後30分~1時間後に服用してください。
それから、泥酔時の服用も効果が弱くなる事が考えられます。
アルコールを大量に飲んでいる時にレビトラを服用しても効果が感じられない事がありますので泥酔時には絶対に服用しないでください。
それから、レビトラにはどのような副作用があるのかについてもあらかじめ知っておきましょう。
例えば、起こりやすい副作用と言えば、ほてり、頭痛、消化不良などが挙げられます。
これらの症状が現れた時は体を安静にしてできるだけ負担をかけないようにしてください。
その他にも、レビトラを1日に2錠以上服用しないように心がけるという事です。
1日(24時間以内)に2錠以上服用してしまうと、体に与える負担が大きくなってしまい、重い副作用を起こしてしまう可能性があります。
もし、10mgを服用したとしても、絶対に2錠以上服用するのは避けてください。
レビトラは正しく服用して、副作用を起こしにくくし安心して飲めるように工夫しましょう。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/shop/