レビトラ服用する前には必ずmgを確認しよう

レビトラを服用する際の注意点としては、初めは必ず10mgから服用する事です。
レビトラには10mgと20mgがあるのですが、初めて服用する時には10mgから服用しなければなりません。
その理由としてはいきなり20mgを服用すると体に合わずに副作用を起こしてしまう可能性がある事が挙げられます。
ですから、初めは必ず10mgから服用してください。
10mgを服用すると自分の体に合っているかどうかを調べられますし、仮に副作用が起こったとしても比較的軽くで済む可能性が高くなります。
レビトラには10mgと20mgの2種類しか販売されていません。
ですが、個人輸入代行などでレビトラを購入しようとした時、20mgよりも大きな物を見つける事があるかもしれません。
それは効果が高いという意味ではなく、偽物なので絶対に購入しないでください。
話は変わりますが、レビトラの10mgと20mgでは効果の持続時間が変わります。
10mgでしたら4時間、20mgでしたら8時間となっています。
ですが、長いこと効果を得たいと思っていても自分に適しているのが10mgでしたら、絶対に20mgを服用する事は避けてください。
それから、病気や体質などの問題で服用できない可能性もあります。
そんな時にも絶対に服用しないでください。
もし、自分の持病が服用してもいいのかどうかわからない場合には、一度病院に行き服用しても大丈夫なのかについて調べてもらいましょう。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/shop/